004508

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
クローン病優先の掲示板


新規投稿は上のメニューから選択してください。(リファラー(リンク元)を有効にしてください。)


◆ 無題 投稿者:匿名  引用する 
クローン病の皆様

お願いです。
100人が100人そうでないと思うのですが、うちの会社にいるクローン病の同僚が
とても自分勝手で迷惑しています。

心配してもらって当たり前、ミスしても謝らない。

したくない事があるときは体調の悪いふりをする。など、

初めのうちは 私も あまり分からなかったため

心配ばかりしていましたが、

今では もう居なくなってほしいと願うばかりです。

ここで書くべきことではないのかもしれませんが、

表向きは優しく対応していても こちら側からしたら

心配しなきゃいけないだけでも疲れて迷惑なので、

病気のことは辛いとは思いますが

どうぞ ご家族以外の他人には気を使ってください。
2010/04/27(Tue) 06:43:47 [ No.2 ]

◆ φ(.. )めもしておこう 投稿者:  引用する 
炎症性腸疾患の仕組み解明 北大、根本的治療の可能性


 北海道大遺伝子病制御研究所の西村孝司教授(54)らの研究チームは12日、厚生労働省が難病指定する炎症性腸疾患を引き起こす原因が、体内にあるリンパ球の一種「CD8T細胞」の異常増殖により生み出される物質だとマウス実験で突き止め、疾患発生の仕組みも解明したと発表した。

 同疾患はクローン病や潰瘍性大腸炎などに代表され、患者は全国に約10万人いるとされるが、これまで原因は解明されていなかった。研究グループは「根本的な治療薬の開発につながることが期待できる」としている。

 発表によると、CD8T細胞はもともと体内にあるが、大腸内で何らかの理由で異常増殖すると「インターロイキン17」という物質を生み出し、この物質が炎症を引き起こすことが分かった。

 腸などの消化管で生み出されている「インターロイキン6」はCD8T細胞増殖を手伝う物質だが、この物質に対する抗体をマウスに投与することにより、CD8T細胞の異常増殖が抑えられ、マウスの大腸内の炎症がほぼ無くなったことも確認されたという。


早く現実になるといいけど・・・
2008/05/15(Thu) 15:01:42 [ No.1 ]

投稿者 No. 暗証キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -